物を作ることを生業にしております


おおかた30年ほどやらせていただいております


ファッションとアートは違う様で同じです


売れないと食べていけず


でも生きていく為には創る事を辞められない


存在価値として製作する


ファッションはハナからファッションビジネスとして値段をつけ、ある程度売れる事を善とします


アートは自己表現だとか、なんやかんや言いますが、結局はお金ください、買ってください、認めてくださいって話です


もちろんアートで、お米やパン、野菜やお肉、電車に乗れたり、病院に行けたりと生活出来るための交換が出来たら幸せですし、ハッピーですが


面倒くさいんで、とりあえずお金に交換しておきたいんです


私は、自身で勝手に選んだ道に、助成金や税金を使わせて頂いているのに、ええ格好言っている、アーティストが嫌いです


お金を出してもらって活動すれば、口も出されて当たり前です


口も出すな!これは表現の自由だ!って言うのなら自身のお金でやりなさいって思います


それも嫌なら、パトロンを見つけるべきです


まあ、極端な話ですが、そう思います


ただし、政治家が口出しするべきで無いし、もし政治家に口出しされても、世論が騒いでも、やり通す強い意志と、叩かれても折れない図々しさがいると思います


私は、一生懸命働いて服を買って頂いているお客様に、「楽しく生きるための服」を届けたいと思っています


そんな物が少しでも多く作れるデザイナーになりたいと誓うボヤキです


アートだから何でも許されると思うなよ!


でも何でもやったらええねん!


何故なら、くだらんアートは毒にも薬にもならんからです


すなわち、アートもファッションも初めから意味なんか無い


なんや分からんけど作りたいのは確かです






関連する記事
コメント
コメントする